自分に合った石の選び方


 

石の選び方は人それぞれ、正解はありません。「石には意思がある」そうで、石は持ち主を選んで完璧なタイミングで‘手元に来てくれる’と信じている人はとても多いです。
そんな風に考えると手元にある石がさらに愛おしく思えませんか?

でも石の選び方に迷った時、ヒントが欲しい時には是非ここで紹介する選び方を参考にして下さいね。

?石の持つ意味・効能から選ぶ

 それぞれの石にどのような効能があるかは、商品ページの写真の下に記載してある説明文が参考になります。又、プラネットのトップ画面にあるクリスタルストーン辞典で調べることができます。

クリスタルストーン辞典にはこちらから→http://www.g-fountain.com/contents/school/stone/

トップページ左の 癒しのカテゴリーから選ぶ、というカテゴリー分けでは、心の癒し、金運、恋愛など代表的な石の効能によって石を分けていますので、自分が求めている効能のボタンをクリックして商品を見つけていただくことができます。

?ペンジュラムで選ぶ 

ペンジュラムを使うと自分にあった石を簡単に選ぶことができます。

ペンジュラムの使い方

写真のようにペンジュラムを軽くつまみ、心の中で、ペンジュラムにイエスの時の廻り方、ノーの時の廻り方を質問します。ペンジュラムの廻り方は人それぞれで、イエスの時に時計周りに廻ったり、横に振れたり、斜めに動いたり、と人によって特有の動きがあります。自分にとってのイエスとノーの動きを確認したら、いくつか答えの分かっている質問をペンジュラムにしてみてもう一度確かめてみましょう。

次に実際に質問したい石の上か写真の上(もしどちらも手に入らなければ質問を紙に書いてその質問の上でペンジュラムを持ちます)にペンジュラムを持ってきて、心の中で「この石は私にあっていますか。」「私は今この石が必要ですか。」というように質問して下さい。
この時、答えがでているにもかかわらず同じ質問を何度もするのはやめてください。
自分自身の混乱がペンジュラムに伝わって答えが分からなくなります。

ペンジュラムのご購入はこちらから→ http://planet-shop.org/?mode=cate&cbid=776016&csid=2 

?誕生石から選ぶ 

誕生石とはそれぞれの誕生月によって特に結びつきの強い石のことです。
誕生石を持っていたり、身に付けていると、ラッキーアイテムとして幸運がもたらされると信じられています。

1月 ガーネット  真実・友愛・忠実

2月 アメシスト  誠実・心の平和

3月 アクアマリン ブラッドストーン サンゴ
         沈着・勇敢 ・聡明
   
4月 ダイヤモンド 清純無垢

5月 エメラルド ヒスイ   幸運・幸福
 
6月 ムーンストーン 真珠(パール) 健康・富・長寿
   
7月 ルビー  熱情・仁愛・威厳

8月 ペリドット サードニクス 夫婦の幸福 ・和合
 
9月 サファイア 慈愛・誠実・徳望

10月 オパール  トルマリン 歓喜・安楽・忍耐

11月 トパーズ シトリン 友情・希望・潔白
   
12月 トルコ石 ラピスラズリ タンザナイト 成功

?色・形から選ぶ

 色には特有のパワーがありますので、気になる色、好きな色を参考にして石を選ぶのはとても良い石の選び方です。

例えばピンクの石が欲しかったらローズクオーツ、ピンクトルマリン、水色ならセレスタイト、アクアマリンのように色から石を選んでいただけます。

色で選んで迷ったら、商品についている説明文を読んで、その石の効能が自分にぴったりくるか確認していただくことができます。

又、形も色と同様に特有のパワーを持っています。

例えばピンクはハートを癒す色の代表ですが、その石が心の象徴であるハートの形にカットされているとさらに心の癒しに対する共鳴が強くなる、ということです。

同じ水晶でも、例えばインドの神、ガネーシャの形にカットされたものとハートの形にカットされたものでは、石の持つ波動は変わってきますので、石を選ぶときはその形が自分の好みにあったものかどうか、ということも大切なポイントになります。

?直感で選ぶ
 
石を選ぶときに一番お薦めしたのが直感で好きな石を素直に選ぶことです。

「この石かわいいな、きれいだな。」そんな心のときめき感を大切に石を選ぶことがお薦めです。

石好きな人たちは石を選ぶときこんな風におっしゃいます。「この石が呼んでいた」と。「私を手元に置いてね」と石が心に語りかけるように感じるのだそうです。

石の購入は人と人との「出会い」ととても似ているかもしれません。

理屈ではなく心惹かれる・・・・そんな石にめぐり逢えたらきっとその石が素敵な変化を運んできてくれることと思います。