クリスタル体調管理法 その3 フローライト

≪クリスタル体調管理法 その3 フローライト≫

フローライト。

鮮やかな緑や紫、ブルーのカラーに不思議な光をたずさえた神秘的なクリスタル。

クリスタルのカラーとしては、抜群に美しい石の1つだと思います。

そんなフローライトは人間の体調管理にもとても役に立つのです。

フローライトが効果的に働く体の部位はずばり“頭”

フローライトは頭の中の神経の疲れや、松果体の不活性な状態、ストレス、
目の疲れなどを緩和する働きがあります。

クリスタルは概ね2種類に分けることができます。

ホットクリスタル=人間のボディーに熱や温かみ、エネルギーを与えるクリスタル
クールクリスタル=ボディーのオーバーヒート気味な熱を取り去り鎮静化するクリスタル

フローライトは代表的なクールクリスタル。

考えすぎでオーバーヒート気味な頭の中や、神経過敏になりすぎている精神状態、使いすぎて熱がこもった目の神経・・・
などなど、頭の中のオーバーヒートトラブルに対処することに優れているのです。

このように頭の神経が緊張したり、疲れている状態では松果体は不活性。

インスピレーションや直感が働きにくい状態です。

頑張って頑張って仕事したり問題解決に取り組んでいるのに、頭が疲れて緊張してくれば来る程に、感性の働きは落ちてきます。

このような時にはフローライトを使いましょう。

使い方は静かに横に慣れる時間を作り、小さなフローライトのタンブルを1個〜5個程用意します。

額の真ん中、閉じた両瞼の上、目の下ほほ骨の上あたりにフローライトのタンブルを配置して
10分から15分程置きます。(夜寝る時そのまま寝てしまってもOK)

またはストレスは耳に非常に影響を与えるので両耳の穴にそっとクリスタルを配置しても良いのです。

頭の中心がきゅっと縮んでいるような緊張感がありリラックスできない時には、
横になって頭頂部のすぐ上にフローライトのタンブルや置石を配置してみてください。

頭の緊張が解けてきます。

現代病ともいえる目の疲れ、ストレス、頭の神経の使い過ぎにフローライトほど素早い鎮静効果をもたらしくれる石はありません。

是非試してくださいね!