%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bc%96

ツインソウルの調整期が終わる兆候 その4 ~古い常識を脱ぎ捨てる~

%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bc%96

ツインソウルの調整期が終わる兆候 その4 ~古い常識を脱ぎ捨てる~

ツインソウルの調整期、メルマガ・バックナンバーのご紹介です。

今回は ツインソウルの調整期が終わる兆候 その4 ~古い常識を脱ぎ捨てる~

古い常識、脱ぎ捨てていますか?

もしみなさんが、いまだに昔ながらの
○○でなきゃダメ!
○○であるべき!
にがんじがらめになっていたとしたら、もう少し意識の次元上昇の必要性があるかもしれません。

ツインソウルの調整期を終わらせるためには、意識の次元上昇がとても大切です。

ツインソウルの調整期は魂のアセンションの過程とともに進んでいきます。

そしてアセンションというのは、古い常識を脱ぎ捨てて内心の自由を拡大していくことです。

古い常識を脱ぎ捨て内心の自由を拡大することは、一言でいうと自分の可能性に目覚めていくこと。

一方でアセンションの過程を進み、古い常識を脱ぎ捨てたとしても、もしかしたら自分が果たすべき責任は変わらないかもしれません。

私たちは変わらず母であり、娘であり、同僚であったり友人だったりするわけです。

保護者会にいったり 笑 家事をしたり 9時~5時のワーキングスタイルだったり、変わらぬ日常を生きているかもしれません。

意識の次元上昇とはマインドのシフトです。

自分が与えられている責任に対するマインドが、押しつけや義務ではなく愛に基づく選択へとシフトすることが自由の拡大です。

マインドシフトがおこると、母だったり、主婦だったり、仕事の上での役割が、現実の義務ではなく、自分のより高い目的に奉仕するための役割分担として愛情をもって役割を果たすことができるようになります。

そしてもちろん、古い常識を脱ぎ捨てて自由になるわけですから、まったく違う生き方を選択するかたも大勢いるでしょう。

古い常識で当たり前とされていた生き方をさっぱり捨てて、新しく生きなおすことが今ほど軽やかにできる時代はないとも感じます。

私自身、そうありたいと願って生きている一人です。

古い常識を捨てるってどうやるの?ということですが、もちろん天からのインスピレーションを与えられて目覚めのきっかけをもらう方は数多いはずです。

それは日ごろから宇宙や神との関係性をどのように作っているか。

自分の真我と響きあって高い目的に奉仕しようと生きているか。

そういった部分にかかってくるはず。

もう1つは自らの夢を行動して現実創造を重ねること。

1つ1つ毎日レンガを積み重ねて小屋を建てようとしている人がいたとします。

その人はより素早く、より正確にレンガを積んで素敵で小さな小屋を建てようと集中と努力を重ねてきました。

そして、いつもレンガに集中していた顔をある日あげたら自分が小屋だと思っていたものはお城に進化していました。

自分のスキルやキャパシティがいつの間にか格段に進化していたからなのです。

それでその人は今度はもっと大きくて素晴らしいお城を立てる決意をして新しい取り組みを始めました。

・・・古い常識を脱ぎ捨てるとはそんな感じで、それ自体は今も昔も変わらない日々の積み重ねのプロセスなのだと思います。

ただ今は、昔より光の存在の後押しがずっと強くあなたの背中を押しています。

そのために・・・自分の才能と出会う決意をしよう。

自分の殻を破ることにコミットしよう。

そして仕事や社会活動を通じて他者に仕えよう。

現代社会におけるアセンションを加速するにはそれしかないと確信します。

さて、次回はツインソウルの調整期が終わる兆候 その5 です。お楽しみに!

《ソウルクリスタル鑑定 キャンペーンのお知らせ》
キャンペーン、あと5日間となってきました!
キャンペーン期間:417日(月曜日)〜511日(木)まで
キャンペーン内容:通常価格 54000円→キャンペーン価格49000円
さらに特典:ソウルクリスタル鑑定を受けて期間中パーソナルヒーリングジュエリーを作る方はパーソナルヒーリングジュエリー代金から1万円を割引させていただきます。

ソウルクリスタル鑑定は魂を象徴する石を見つけるだけでなく、自分の本当の魂のカラー(天職や運命のパートナーシップ)が見えて来る、深いリーディング鑑定です。魂の大きな傷を癒す、深いヒーリング効果もあります。
一生に一度のソウルクリスタル鑑定です。
ソウルクリスタル鑑定の詳細・お申し込みはこちらから
http://planet-shop.org/?pid=105225783

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは皆様楽しいスピリチュアルライフを!


にほんブログ村