マゼンタ色の光の道と雪景色

ひふみの日に「天職」と「天命」の違い(1)

マゼンタ色の光の道と雪景色

 

 

皆さま、こんにちは。

引き寄せ幸運体質へ☆彡天空のサロン「セレスチャル」で施術を担当させていただいているマリアです。

 

今日は、1月23日。

「日月(ひふみ)神示」というものがありますが「1・2・3」ひふみの日ですね☆☆☆

 

昨日の雪はなかなかでしたが、今日はサロンでは、昨日とは違うこんなに眩しい雪景色が広がっていますよ☆彡

 

光の道と雪景色

 

こちらの一枚は、海にできる光の道が少しマゼンタ色に映っています。

 

マゼンタ色の光の道と雪景色

 

マゼンタ色の光の道アップ

 

昨日の降りしきる真っ白な雪で浄化され、今日は雪解けと共にすべてが溶け合っていくような美しさです❤

 

ところで

「人事を尽くして天命を待つ」

ということわざは誰もが聞いたことがあると思いますが…

 

2017年は、子供の頃からご縁の深い白山菊理姫(くくりひめ)が司っている「白山開山1300年記念」というタイミングもあってか「天命」に開けた感がありました。

(まだまだ一歩を踏み出し、これからですが…)

 

 

孔子の「論語」には

「五十にして天命を知る」

という一節があるそうで、辿り着けない方も多いそうなので、素敵な勘違いだったら恥ずかしいですが~

 

 

なんというか…
自分の「願い」というか「欲」が前よりはなくなってきて「宇宙やくくりひめの願いを叶えられるようでありたい」と想うようになったら…

それは、結局「あれ!?過去に諦めたりしていたけど、自分(の魂)が願っていたことだった!」とわかるような形で、色々なことが叶っていったという感じです☆彡☆彡☆彡

昨年は、生まれてきてからずっと学んできたり、人生で取り組んできたことの点と点が結ばれ、スピリチュアルな学びと現実界での学びが融合し、なんとも有難いことに、あらゆる機会が天から用意されていて与えられました☆彡☆彡☆彡

 

そんなこともあってか、ここ数日「天命」と「天職」の違いが気になり、また「天命」と「お金」ってどう関係があるのか気になって、昨夜ググってみたところ…

とても腑に落ちる記事が見つかったので、今日はシェアさせていただきます❤

まずは「適職」と「天職」の違いについてです。

 

>>適職と天職の違いについて(1)

 

この記事の中で、印象的な部分がいくつかあり、その一つが…

★「天命・使命・天職などの部類に入るものは、個我としてはそれほど好きでもないし、やりたことでもないし、できることならご勘弁願いたい・・・という場合もある、ということですね」

というくだり。

 

そして、二つ目は…

★「最後に、インドの聖者の教えをシェアします。

『快適さばかりを求めるマインドは弱いマインドである。

好きなこと、心地よいこと、楽しいことだけを基準に人生を選択しないことだ。

課題に直面したときに「チャレンジ」を選択することによって、成長を遂げることができる。

居心地の悪さや不都合な真実に直面したときは、大きな成長のチャンスでもある。

人生とは常に、選択の連続なのである。』」

というくだり。

 

 

★印の前者の方は、内容は書けませんが、オーラソーマの学長さんであるマイク・ブース氏の感動的なエピソードを思い出しました。

後者に関しては、スピリチュアル界ではバシャールからの「常にワクワクを選択しよう」
と発信されたメッセージにより

(それは確かにとても重要だと思うのですが)
時としてはき違えてしまう危険性もあるような気がしています…

 

 

長くなるので続く…