ツインレイに辛く苦しい別れは訪れるのか?

ツインレイに辛く苦しい別れは訪れるのか?

ツインレイ研究家の木村衣晴(ちはる)です。

ツインレイやツインソウルの探求を始めてから、日々本当に沢山の方のお悩みをお聞きするようになりました。

その中でも多いのはツインレイとサイレント期に入った、ツインレイと離れ離れに別れて会えなくなってしまった・・・

ツインレイから連絡がなく辛い、苦しい・・

こういった苦しいご相談です。

皆さんは魂の片割れにも何パターンかあり、それぞれ出会いの目的もその出会の結末も違うことをご存知でしょうか?

魂の片割れに出会うことは本当に特別で素晴らしいことです。

でも、執着を生みやすい関係性であるがために、その関係性を見極めて自分の在り方を見つめることもとても大切です。

ただ連絡の途絶えた相手を何年も待っていることは、貴重な人生の時間の無駄遣いになりかねません。

そこでこの記事では、ツインレイとツインソウルの違い、その見極め方など、辛く苦しい体験を上手に乗り切っていただくコツをご紹介します。

 

ツインレイとツインソウルの違いについて

同じ魂の片割れといっても、ツインレイとツインソウルは違う存在であることを知るのはとても大切です。

この2つは似て非なるもので、出会う目的も出会った結果も違います。

ただ、同じ魂の片割れであっても、その方が地球上のどの平行次元を生きているかによって、魂のパートナーがツインレイであるか、ツインソウルであるか決まります。

ツインソウルはその方が魂の目覚めを本格的に体験するタイミングで出会う存在です。

スピリチュアルな目覚めがあり、学びが始まる時期に、魂の進化を助け合うために出会います。

つまりアセンションのプロセスが本格的に始まるタイミングで出会う相手がツインソウル。

一方ツインレイは目覚めのプロセスがだいぶ進み、高い次元に上昇出来た時に出会う相手です。

ツインレイもツインソウルも同じ魂の片割れですから、どちらも源は同じ。

しかし、違う次元においては、相手は違う人間として目の前に現れます。

ツインソウルは魂の学びを本格的に始めたばかりの自分の鏡としての相手。

ツインレイは魂の学びが進み、カルマやトラウマを沢山手放した自分の鏡としての相手。

この違いはとても大きいのです。

ツインソウルはカルマの解消の相手として人生に現れます。

辛い思い、苦しい思い、そして悲しい別れを共有するカルマメイトです。

出会い、苦しい恋や別れを経験して、お互いに沢山のカルマを解消し、魂として軽くなる。

お互いに成長の手助けをします。

これがツインソウルとの出会いの目的です。

一方でツインレイは本格的にアセンションを共にするために出会います。

共に成長し助け合う点では違いがないので、カルマの解消やトラウマの解消をしあう点は同じです。

しかし、ツインレイの出会いの最終的な目的は統合です。

イエスキリストとマグダラのマリアがしたように、エネルギー的に統合されて、アセンションを果たす目的で出会います。

このように、ツインソウルとツインレイは

・出会う次元が違う

・出会う目的が違う

このため、出会ってから起こる現象にも違いがあります。

その最も大きな違いがサイレント期間の有無です。

サイレント期間とは、相手からの連絡が途絶え、さらには連絡が取れない状態になることです。

お互いのコミュニケーションが沈黙となるため、サイレントの期間と呼ばれています。

ツインソウルのサイレント期間には実質終わりがありません。

つまり、サイレント期間と呼ばれてはいますが、これは実質的な別れにあたります。

別れではあるけれど、なぜかサイレント期間と呼ばれているために、卒業しにくく、辛い思いや苦しい体験が長引いてしまう傾向があります。

 

辛く苦しい別れがあるのはツインソウル

前述したように、ツインレイとツインソウルは出会いの目的も結末も異なる、別の存在です。

ツインレイ同士は、統合とアセンションを目的に出会います。

このため、一度出会うと別れることはありません。

調整期といって喧嘩の絶えない時期がありますが、離れたり別れることなく一緒に乗り越えることができます。

この調整期はツインレイ同士がエネルギー統合するために必要です。

マグダラのマリアとイエスキリストがエジプトの儀式でなさったように、ツインレイ同士はエーテル体のエネルギーをチャクラを接着ポイントとして統合させていかなくてはなりません。

このため、お互いに反発や統合を邪魔するエゴ、ブロックなどを外し合い、徹底的に掃除しあって、本格的な統合へむかうのです。

一方で、ツインソウルとの出会いは、魂が経験する大きなカルマの浄化です。

出会うと惹かれ合いますが、最終的には連絡が取れなくなり実質的な別れというのが一般的なプロセスです。

同じ魂の片割れであっても、この段階ではまだ最終的な統合を目的として出会っていないため、約束されたプロセスが終わると別れが訪れます。

ツインレイとの付き合い方で大切なのは、その出会いから多くを学び魂として進化すること。

自分と向き合って、内面を成長させることです。

一番良いのは内的な陰陽の統合を意識すること。

つまり女性性と男性性のバランスと調和を意識することです。

仕事ばかり頑張ってきた方はプライベートの充実を目指す。

まだ経済的に、または精神的に依存があり、自立できていないかたは自立をテーマに人生を変える努力をしましょう。

ツインソウルの相手ではなく、自分自身の成長にフォーカスすることが大切です。

そのように生きていれば必ずツインソウルへの執着を手放すことができ、早い時期に悲しい別れから卒業できるでしょう。

そうすればその時の自分に相応しい相手が必ず現れて幸せになれるはずです。

執着と依存はありとあらゆる自己実現のスピードを落とし、夢が叶うことを後回しにしてしまいます。

執着と依存は不安や緊張、そして自己信頼の欠如の現れた状態です。

執着とともに依存願望を無くすことによって、人は自立のきっかけをつかみ、グラウンディングをして夢を叶ていくのです。

また、ツインレイやツインソウルなど運命のパートナーシップにおいても執着と依存は最大のブロックの1つ。
相手の存在に依存したり、相手との成就の未来に依存することによって、その関係性の成就を妨げます。

 

こちらは、当サロンで人気のキリストとマグダラのマリアの統合意識が宿ったスピリチュアルブレスレット。

33日間のセラピーブレスレットです。

33日間の間、セラピーとしてあなたが今手放す必要のある『執着』と『依存』を手放すためのエネルギー治療を行います。

執着と依存を手放して軽やかに前進しましょう!

商品の詳細はこちらから

 

ツインレイとツインソウルの見極め方

ツインレイとツインソウルの見極め方が知りたい、という方も多いでしょう。

前述したように、ツインレイとツインソウルの最大の違いは別れが訪れるかどうか。

サイレント期間があり、連絡が途絶え、辛く苦しい思いをしていないか。

同じ辛い思い、苦しい思いがツインレイにもある時はありますが、連絡が一切取れないような状況にはなりません。

この点がツインレイとツインソウルを見極める最大のポイントです。

もう1つ、ツインレイの特徴として、二人はインドでの過去生を共にしている、という特徴があります。

ツインレイの出会いと統合をサポートしている最大の神聖意識はマグダラのマリアとイエスキリストです。

また、シバ神もツインレイのプロセスにおいて大切な役割を担っていらっしゃいます。

シバ神はツインレイ同士が出会うタイミングの許可をだす神聖意識です。

インドの過去生において、ツインレイの二人は信仰があつく、シバ神に献身しています。

このようにしてシバ神との絆を創っています。

また、女性の方はラクシュミというインドの女神を信仰していることも多いです。

ネットの中でツインレイやツインソウルの肉体的特徴をあげている記事も見かけますが、私の経験上では肉体的な特徴は必ずしもすべての人にはあてはまりません。

エネルギー的にそっくり、似ている、ということはもちろんあります。

もう1つ、顕著な違いとして、その方の生きている平行次元がどこにあるか、ということもあります。

これは少し複雑なので、詳しくお話ししますね。

 

マルセイユタロットとツインレイ ツインソウルの関係

現代において、タロットは一般的に占いのツールとして知られています。

確かにタロットは優れた予言のツールですが、正しく使えばタロットにはとてもパワフルな精霊の力が働くため、単なる占いではなく、それは現実を変容させるセラピーとなります。

しかしタロットのもっとも深い意義は、22枚の大アルカナは人々の目覚めとアセンションを導く非常に精神性の高いものだということです。

その最も大切な意義は、秘儀となり長い間伝承されませんでした。

しかし、風の時代に入り、ツインレイ達が次々と再会を果たしている現代において、そのもっとも大切な役割が蘇りつつあります。

南フランスで生まれたマルセイユタロットにはマグダラのマリアとイエスキリストが深く関わっています。

本物の大アルカナは人が目覚めて地球を卒業するための段階的な道しるべです。

マルセイユタロットの大アルカナは壮大な宇宙マンダラで、人の魂の旅路が物語のように描かれているのです。

22枚のカードには、それぞれ大切な意味があり、その次元において人間が学び、マスターすべきことが教えられています。

22枚のカードはそれぞれ人が生まれ、どの次元を生きて学んでいるかを教えてくれます。

この大アルカナのマンダラの中で、その方が11次元のあたり、(力と呼ばれるカード)を生きている場合、そのお相手はツインソウルである確率が高いです。

11次元は本格的な目覚めの始まる次元で、沢山のカルマの解消が起こり、かつそれを乗り越えて成長することがテーマだからです。

もしその方が17次元(マグダラのマリアのカード)以上であったらツインレイに出会う準備が整っているということです。

ツインレイとツインソウルは出会う次元が違うので、自分の住んでいる次元が分かると大きなヒントとなるでしょう。

次元のことをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧いただいてもいいかもしれません。

https://planet-shop.org/?pid=155059640

 

魂のパートナーツインレイの出会いと統合をサポートするメルマガも発行しております。

運命のパートナーと出会いたい方、成就したい方の心の支えになればと思っておりますので、ぜひご覧下さいね。

こちらのメルマガから、あなたのお悩みをお寄せ下さいね。

★ツインレイ鑑定・ツインレイと成就するまでの7ステップの詳細はこちらから!